現在の値動き

いよいよエントリーする時という段階では何をおいても下準備を手抜きしてはいけません。

 

売買を始める前ならば、場面を落ち着いて観察する事ができる余裕があります。

 

ところが、いっぺん売買の内側へ深入りすると、どう工夫しても捉え方が客観性を欠くものになってしまい時として冷静な見方が出来なくなる。

 

危険があります。

 

その分論理的な場面で事前準備をしておくことが大切なのだ。

 

"事前準備"するためには、何はともあれあなたのストーリー展開を描くことから行います。

 

今からのマーケットは下がる(または上がる)から豪ドルをエントリーするというように、自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

 

次に大切なのは為替チャートをチェックしよう。

 

以前の為替相場の上下を見て、今現在の値動きを確かめます。

 

そうすると、「現在は過度に低い状態だ」とか、他には「もう多くの投資家が売買しているから、この後自分が取引してももはやなすすべがない」などと見えてきます。

 

当たり前ですが今はもう買い(または売り)するのが手遅れだなと思ったら、何もせず、吹っ切ることが不可欠です。

 

どう試みてもあなたなりの台本を押し通して、吹っ切らずに注文すると外国為替市場にやられて、逆に損失を被ることになるリスクがあります。

 

ただ多くのケースで準備が出来ている自身の脚本を思い描いておけば、売り(または買い)がなすすべがないということにはならないだろう。

 

実際にFX相場が上下動する前の状況のはずだからです。

 

その次は、まずは自分自身が売り買いしようと思っている外貨の推移をしっかりチェックすることが不可欠です。

 

例えばドル高が進むであろうというシナリオを書いたのであればその通貨の変化に気をつけておきます。

 

外国為替市場の変動を確認し始めた状況では、分かりやすく上下動する雰囲気を見せることなく、上や下に小幅な上下動を繰り返しているだけだろう。

 

だけど、その変動をきちんと気をつけているとある場面で着実に、ドル高の方向へと変動し始めます。

 

この状況で初めて、ドル円の新規注文を出すのだ。

 

通常は、用意をやっておけばその取引で勝利する可能性は高くなるはずです。