マーケットによって変化する

「スプレッド」とはFXは外貨をトレードして利ざやを生む取引です。

 

売り買いの値は四六時中上がったり下がったりします。

http://blog.livedoor.jp/joetsuup/

それがマーケットです。

ニュースサイトを見ていると、マーケットの情報が流れることがあります。

 

よく見かけるのが、「本日のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表現しています。

 

言い換えると、トレードには買値と売値の2個の値段が存在します。

 

売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX取引会社もあります。

 

通常は売値の方が買値よりも安価に定められています。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

その差分をスプレッドといい、FX取引会社の収入といわれています。

 

スプレッドの幅は取引会社によって変化します。

 

スプレッドの狭さは費用になるので狭いFX取引会社をピックアップしたほうが有益です。

 

ただし、同じ業者でも場面に応じてスプレッドの差は変動します。

 

例えば日常的にはドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの広さだとしても、市場の上げ下げがとても大きいときには広くなる事があります。

 

そういう訳で、スプレッドが小さいのと合わせて、変化が少ないのが不可欠です。

 

この頃では決まったスプレッドの幅を表示する取引業者もいくつもあったりします。

 

リアルにFX取引会社のトレード画面の中で本当の相場を調べなければ判断できないので面倒ですがとても大切なことです。

 

重要な投資資金を預けて取引をするわけですから、リアルな注文の前に、心惹かれたFX業者の新しい口座開設を全部して提示されているスプレッドの差を見ておきましょう。

同じ通貨でもそのときの為替相場の状態によってスプレッド幅は異なる場合があります。

 

たいがい、銀行間取引市場で取引高が多いペアではスプレッドの幅が小さく、残りの通貨ペアではスプレッドの幅が広がる傾向にあります。