2014年8月

夢にも思わなかった人

夢にも思わなかった人

(公開: 2014年8月12日 (火))

免責不許可事由は自己破産手続きを申請した人に対して、次のような条件にあたるなら債務の免除を受け付けないとする原則を言及したものです。

 

ということは、極端に言ってしまうと弁済が全然行えないような場合でも、その条件に該当している時には負債のクリアが却下されてしまうような場合もあるということです。

 

つまり破産宣告を出して、債務の免責を要する方にとっての最も大きな難関が前述の「免責不許可事由」ということになります。

 

下記は要となる要因の概略です。

 

※浪費やギャンブルなどで極度に財を乱費したり、膨大な債務を負ったとき。

 

※破産財団に属する財産を秘匿したり、破棄したり、債権を有する者に不利益に処分したとき。

 

※破産財団の負債を悪意のもとに増大させたとき。

 

※破産に対して原因があるのにそれらの債権を持つものになんらかの利権を付与する目的で担保となるものを譲り渡したり、弁済期前に負債を支払ったとき。

 

※すでに弁済不能の状態なのに、そうでないように偽り貸方を信用させて続けてお金を借りたりクレジットカード等を使用して物品を買った場合。

 

※虚偽の貸方の名簿を公的機関に提示した場合。

 

※借金の免除の手続きの過去7年以内に債務免除を受理されていた場合。

 

※破産法が要求する破産申請者の義務内容を違反したとき。

 

これらの8つのポイントに含まれないことが免責の条件と言えますが、この内容で詳しい案件を考えるのは、特別な知識がないようなら簡単ではありません。

 

さらにまた、浪費やギャンブル「など」とあることにより分かるとおり、ギャンブルなどはそれ自体具体例の中のひとつにすぎず、ギャンブルの他にもケースとして挙げられていない状況が山のようにあるということです。

 

実際の例として言及されていない内容は一個一個事例を言及していくと際限なくなり実例を定めきれなくなるような場合や、今までに残る裁判による判断が含まれるためそれぞれのケースがこの事由に当たるかどうかはこの分野に詳しくない人には判断が難しいことがほとんどです。

 

しかし、自分がこの事由に該当するなどとは夢にも思わなかった人でも不許可の判断を一回でも下されたら判決が取り消されることはなく返済の責任が残ってしまうばかりか破産者という名の社会的立場を7年という長期にわたり負い続けることになってしまいます。

http://hy77fegesdd.cocolog-nifty.com/

ですから、絶対に避けたい結果を防ぐためには、破産申告を選択する段階で多少でも難しいと感じるところがあるようでしたら、まず専門の弁護士に話を聞いてみるとよいでしょう。

 


マーケットによって変化する

マーケットによって変化する

(公開: 2014年8月11日 (月))

「スプレッド」とはFXは外貨をトレードして利ざやを生む取引です。

 

売り買いの値は四六時中上がったり下がったりします。

http://blog.livedoor.jp/joetsuup/

それがマーケットです。

ニュースサイトを見ていると、マーケットの情報が流れることがあります。

 

よく見かけるのが、「本日のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表現しています。

 

言い換えると、トレードには買値と売値の2個の値段が存在します。

 

売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX取引会社もあります。

 

通常は売値の方が買値よりも安価に定められています。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

その差分をスプレッドといい、FX取引会社の収入といわれています。

 

スプレッドの幅は取引会社によって変化します。

 

スプレッドの狭さは費用になるので狭いFX取引会社をピックアップしたほうが有益です。

 

ただし、同じ業者でも場面に応じてスプレッドの差は変動します。

 

例えば日常的にはドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの広さだとしても、市場の上げ下げがとても大きいときには広くなる事があります。

 

そういう訳で、スプレッドが小さいのと合わせて、変化が少ないのが不可欠です。

 

この頃では決まったスプレッドの幅を表示する取引業者もいくつもあったりします。

 

リアルにFX取引会社のトレード画面の中で本当の相場を調べなければ判断できないので面倒ですがとても大切なことです。

 

重要な投資資金を預けて取引をするわけですから、リアルな注文の前に、心惹かれたFX業者の新しい口座開設を全部して提示されているスプレッドの差を見ておきましょう。

同じ通貨でもそのときの為替相場の状態によってスプレッド幅は異なる場合があります。

 

たいがい、銀行間取引市場で取引高が多いペアではスプレッドの幅が小さく、残りの通貨ペアではスプレッドの幅が広がる傾向にあります。

 


現在の値動き

現在の値動き

(公開: 2014年8月 8日 (金))

いよいよエントリーする時という段階では何をおいても下準備を手抜きしてはいけません。

 

売買を始める前ならば、場面を落ち着いて観察する事ができる余裕があります。

 

ところが、いっぺん売買の内側へ深入りすると、どう工夫しても捉え方が客観性を欠くものになってしまい時として冷静な見方が出来なくなる。

 

危険があります。

 

その分論理的な場面で事前準備をしておくことが大切なのだ。

 

"事前準備"するためには、何はともあれあなたのストーリー展開を描くことから行います。

 

今からのマーケットは下がる(または上がる)から豪ドルをエントリーするというように、自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

 

次に大切なのは為替チャートをチェックしよう。

 

以前の為替相場の上下を見て、今現在の値動きを確かめます。

 

そうすると、「現在は過度に低い状態だ」とか、他には「もう多くの投資家が売買しているから、この後自分が取引してももはやなすすべがない」などと見えてきます。

 

当たり前ですが今はもう買い(または売り)するのが手遅れだなと思ったら、何もせず、吹っ切ることが不可欠です。

 

どう試みてもあなたなりの台本を押し通して、吹っ切らずに注文すると外国為替市場にやられて、逆に損失を被ることになるリスクがあります。

 

ただ多くのケースで準備が出来ている自身の脚本を思い描いておけば、売り(または買い)がなすすべがないということにはならないだろう。

 

実際にFX相場が上下動する前の状況のはずだからです。

 

その次は、まずは自分自身が売り買いしようと思っている外貨の推移をしっかりチェックすることが不可欠です。

 

例えばドル高が進むであろうというシナリオを書いたのであればその通貨の変化に気をつけておきます。

 

外国為替市場の変動を確認し始めた状況では、分かりやすく上下動する雰囲気を見せることなく、上や下に小幅な上下動を繰り返しているだけだろう。

 

だけど、その変動をきちんと気をつけているとある場面で着実に、ドル高の方向へと変動し始めます。

 

この状況で初めて、ドル円の新規注文を出すのだ。

 

通常は、用意をやっておけばその取引で勝利する可能性は高くなるはずです。

 


ゴルフが無料!?

ゴルフが無料!?

(公開: 2014年8月 5日 (火))

なんでも今度20歳の人だけゴルフが無料でできるようになるようです。

同じような企画でユキマジという企画がありました。確か19歳の人は、スキーが無料で滑れるというキャンペーンだったと思います。

今回はそのゴルフ版のようです。

ゴルフ人口は、以前に比べ減っており、全盛期の約半分まで落ち込んでいるそうです。

といっても人口はそれほど変わっていないので、いかにプレーする人が減ったのかが分かります。

ゴルフの会員券がものすごく高かった時代もあるようですので、ありがたいことでもあります。

ゴルフの楽しさをつ丈、20代を多く取り込もうというのが今回のきぇんペーンのもくてきのようですね。

http://ameblo.jp/n9fejoides/

私はあまりゴルフはしませんが、無料であれば、一度は行ってみたいと思います。